重度のむし歯でも「天然の歯を抜かない」を実現する技術

根管治療

むし歯が神経にまで達してしまった場合にそのまま放置してしまうと、抜歯するしかなくなるケースが多くなります。そういった症状でも、可能な限り歯を残すために行うのが「根管治療」です。根管治療とは、死んでしまった歯の神経を取り除いたあと、歯の根をキレイに洗浄・殺菌することで、歯の維持につなげていく治療です。

根管は、建物で言えば「基礎/基盤」にあたるものなので、歯を長持ちさせるためには適切な治療を行う必要があります。根管治療が不十分なまま被せ物で外側を修復しても、後々に根の先端が化膿して歯を失うことになってしまったり、 再治療が必要になったりしてしまいます。

歯科治療の基礎ともいえる治療ですが、肉眼ではわかりにくい部分を処置するため、医師の技術力に左右されます。処置如何によっては、かえって歯の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。歯は、生まれ持ったオリジナルのままが最良です。その天然歯を少しでも長く残すための「最後の砦」とも言える技術が根管治療なのです。

無料カウンセリングを行っています

お問い合わせはこちら