歯周病とは?

歯周病

歯周病は、歯を支えている骨や歯肉の病気で、家に例えると「家の土台」が「柱や家屋を支える力を失うこと」です。そして、支える力を失った家屋がやがて倒壊してしまうように、歯周病では、歯の土台である歯槽骨がだんだんなくなっていくことにより、ついには歯が抜けてしまいます。

歯周病の原因は「磨き残された汚れ=細菌の温床」です歯周病
お口の中の汚れは、時間経過と共に石灰化して歯石に変わります。これが歯と歯肉の間に溜まると、歯周ポケットと呼ばれる溝ができます。この歯周ポケットの中は細菌の温床で、繁殖が始まると炎症が起きて歯肉の腫れや出血が始まります。

さらに、炎症が歯周ポケットの深くにまで達すると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨を溶かしていき、やがては歯を支えきれなくなって歯がぐらつき始めます。そのまま放置していると、歯が抜け落ちてしまうことになりかねません。

歯を喪失する一番の原因が歯周病です
近年の厚生労働省の調査では、成人の約7~8割が歯周病にかかっていると報告されています。歯周病の初期段階は自覚症状がほとんどないため、症状が現れたときには既に手遅れになっている場合もあります。

むし歯の場合、ある程度進行すると痛んだりしみたりする自覚症状が生じるので、気づいた時点で治療を受ければ、歯を失うまでには至らないケースがほとんどです。しかし歯周病の場合は、初期段階では自覚症状がないため、歯を喪失してしまうことも多いのです。


早めのケアが一番の対策早めのケア
歯周病は、重度になればなるほど歯を喪失する可能性が高まります。ただし、歯周病は悪化するのに時間を要する病気でもあるので「早めのケア」が一番効果的です。

そのために大切なのが定期検診です。自覚症状のない初期段階で歯周病を発見し、早めのケアで重症化を回避できたり、症状が緩和したあとの定期的なメンテナンスが再発防止につながったりと、定期検診の役割は多大。毎日の歯磨き同様、定期検診を「習慣化」することをお勧めします。

お口は「身体の入り口」ですから、定期的に身体の健康診断を受けるのと同様に、歯の定期検診を習慣化することが健康への第一歩です。平均寿命が延びている今、歯の寿命もしっかり延ばして、いつまでも自分の歯で美味しく食事ができるように心がけ、平均寿命と健康寿命の差をなくしましょう。

歯周病の治療の流れ

歯周病の治療の流れ当院では、定期検診やカリエスリスク検査を受けられた際に「歯周病のリスクがある」と判明したときや、患者様から治療の相談をお受けしたときには、まず歯周病検査を受けていただきます。

歯周病検査では、レントゲン撮影や歯周ポケットの深さ、出血の有無、歯が動いてないかといった精密検査を行います。歯周ポケットの深さは、1~3mmまでが健康な状態。4mm以上になっていると要注意です。

その後、歯周病検査の結果を元に、患者様の主訴やご希望などを伺うためのカウンセリングを行います。患者様のお口の中の状態に適した治療方法をご説明し、具体的な治療へと進めていきます。

歯周病の治療メニュー

スケーリングスケーリング
スケーリングとは、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石を除去する治療法です。超音波を使用することで、石灰化した歯石の除去も可能。保険を適応できるため、比較的安価な治療でもあります。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯石や歯垢を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行います。

新付着術
歯肉辺縁部から歯槽骨頂部にかけて切開することによって、歯周ポケットの内壁を切除。露出した歯根の表面のプラークや歯石を除去してから歯肉を縫合し、歯根表面に密着させて治癒を図る手術法です。炎症部分が切除されて歯肉が収縮するため、歯周ポケットも縮小します。

歯肉切除
歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないように不要な部分の歯肉を切除し、安定させるために縫合します。比較的簡単な手術なので、短時間で終了します。

フラップ法
歯肉(歯ぐき)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉組織などを除去したあとに歯肉を元の状態に戻します。

当院の歯周病治療の特徴

歯周病歯周病の治療方法には、当院で行っているメニューのほかにも、歯周病によって失われた骨を再生・増骨する方法が用いられるケースがあります。しかし、それらの方法は自費診療となり再生に時間も要しますので、歯周病の治療としてはお勧めしていません。

歯周病は、しっかりと自己管理ができなければ、再発しやすい病気ですので、そのリスクを残したままで、患者様に費用や時間の負担がかかる治療をお勧めすることはできないからです。

再生・増骨で歯槽骨を補う必要があるケースでは「そこまでするならインプラントのほうが予後が良くなる可能性が高い」といったアドバイスと共に、インプラントへの移行をお勧めすることはあります。

「残せるところまで残す」というのが当院の治療方針ではありますが「ただ残せばよい」というわけではなく、患者様の負担軽減やリスクの抑制にも重きを置いて対応しています。

無料カウンセリングを行っています

お問い合わせはこちら