歯を削る量は最小限に抑えます

削ったり抜いたりした歯は、補綴物などで補うことはできても元どおりになることはありません。そして、どんなに高度な治療や高級な詰め物も、生まれ持った歯にはかないません。ですから当院では、なるべく「削らない、抜かない」という方針で、できるだけ長い間、自歯を残す治療を行っています

ただし歯の状態によって、削ったり抜いたりすることが避けられないケースもあります。その場合には、削ることや抜くことの必要性をご説明した上で「むし歯を残すことによるリスク」を排除します。もちろん削る場合には、最小限の範囲で削ることにも留意しています。

早期発見に役立つダイアグノデントダイアグノデント
ダイアグノデントとは、レーザーによる最新式のむし歯検査機器です。レーザーを歯に照射して発光状態をチェックすることにより、むし歯の深さや、レントゲンや直視では判断がつかない患部の大きさ、患部周囲の状況などが詳細に把握できます。

これによって、初期むし歯とそうでない場合の境目を明確に判断できるようになり「必要以上に歯を削らない治療」のために大きく役立っています。また、歯面に器具の先端を軽く滑らせるだけで歯質のチェックができるので、診査においても痛みはまったくありません。

<メリット>
・レントゲンや肉眼では発見が困難なむし歯の測定が可能
・歯の表面下にある小さなむし歯の進行まで把握・管理できる
・目に見えない歯質の変化を知ることで、早期の予防で進行が食い止められる

無料カウンセリングを行っています

お問い合わせはこちら