痛さを抑える麻酔術

麻酔術

お子様だけでなく、大人の方でも「歯医者は苦手」という方が少なくありません。苦手な理由として多く挙げられるのは「痛みへの不快感や恐怖感」でしょう。そこで当院では、細心の注意を払った丁寧な麻酔で、痛みを最小限に抑える工夫をしています

まずは表面麻酔で針挿入時の痛みを抑えます
歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけますが「麻酔そのものが痛い」という方もいらっしゃいます。表面麻酔は、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させることで、注射針を指すときの「チクッ」とした痛みを抑える麻酔法。塗り薬のように歯ぐきの表面に塗布することで、痛みを感じにくくなります。

痛くない注射の打ち方へのこだわり
麻酔注射には「痛くない打ち方」があります。まず、歯肉の硬いところは痛みを感じやすいので、痛点が少ない柔らかい部分を狙って注射すること。さらには、歯ぐきを持ち上げて針に近づけるようにして打つことも、痛みを和らげるテクニックです。

また麻酔注入の際、一気に圧力がかかると痛みや違和感が強くなるので、ゆっくりと、そして一定の速度を保って麻酔を注入することを心がけています。そのほかにも、ご自身の手を握ったり開いたりしていてもらうなど、意識をそらして痛みを緩和するアドバイスなどもしています。

無料カウンセリングを行っています

お問い合わせはこちら