根管治療の流れ

患者様の歯の状態によって治療の手順や通院期間は異なりますが、大きな流れとしては以下のとおりです。

1. むし歯に侵された部分を削って除去する
次へ
2. 治療しやすいように、神経のスペースに穴をあける
次へ
3. リーマーという器具を使い、歯の根の感染した部分を除去する
 ※この際、必要があれば抜髄(ばつずい)という神経を取る処理をします
次へ
4. 炎症が起きている根管の先まで薬を詰め、バイ菌が入らないように根管を封鎖する
次へ
5. 根管治療後の歯は、症例により詰め物・被せ物を取り付ける

無料カウンセリングを行っています

お問い合わせはこちら