深く大きく削る必要がありますが、ご心配は不要です

根管治療初期のむし歯は、削らずに再石灰化を促したり、削った部分に詰め物をしたりするだけで改善することが可能です。しかし、むし歯が神経にまで達して炎症が起きてしまっているケースでは、麻酔をして歯を大きく深く削って根管治療を行う必要があります。

根管治療の具体的な内容としては、まず専用の機器を使って歯の神経が入っていた部分(根管)を洗浄します。その後、空洞になった根管に薬を詰め、セラミックや金属などの詰め物や被せ物で歯の外観を整えます。

この際、むし歯を完全に取りきらないと再発してしまうので、根管治療には綿密な歯科技術が必要です。また、深く削ることや神経に及ぶ治療であることをご心配されるかもしれませんが、高い技術を駆使し、しっかり麻酔を効かせた上で行いますのでご安心ください。痛みもほとんどありません。

無料カウンセリングを行っています

お問い合わせはこちら