手術における安全対策

インプラント治療は「外科治療」です。そのため、当院ではさまざまな安全対策を行っています。

感染対策ドクターの技術力
当院では、使用するミラーやピンセットなどは、すべてガス滅菌器で滅菌しています。滅菌手袋やマスクを着用するのはもちろんのこと、院内の隅々まで丁寧な清掃を行ってから手術に臨んでいます。

また、滅菌できないものはディスポーサブル(使い捨て)を徹底するという絶対的な滅菌環境を維持することで、感染症に強く留意しています。患者様には、手術前にクロロヘキシジンでお口をすすいでもらいます。

インプラントと歯周病の関係
クロロヘキジンは、歯周病細菌に効果が高い消毒薬です。インプラントは人工歯なのでむし歯にはなりませんが、歯周病というのは「歯ぐきと歯槽骨の病」ですので、しっかりとケアしなければ、歯周病に似た「インプラント歯周炎」を引き起こしてしまいます。

そのため、インプラント治療の前には歯周病をしっかり治療しておくことが大切であると同時に、インプラントにしたあとの自己管理と、定期的なメンテナンスは不可欠です。

患者様の身体の安全のために
手術前の患者様には、全身疾患の有無、アレルギーの有無、服用薬の有無などをお尋ねし、全身管理にも留意しています。また、身体への負担を抑えるため、全身麻酔ではなく局所麻酔で対応しています。

無料カウンセリングを行っています

お問い合わせはこちら