残った歯に最も負担をかけない治療法

インプラント

インプラントとは、失ってしまった歯を補う治療方法のひとつで、あごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、それを土台にして人工歯を装着する方法です。ブリッジや入れ歯も失った歯を補う方法ですが、ほかの歯に負担がかからず、審美性や機能性に優れた最新の治療法がインプラントです。

インプラントの最大のメリットは「天然歯に近い噛み心地」
インプラントのメリット
入れ歯やブリッジは歯ぐきから上の部分だけを人工歯で補うものですが、インプラントは、人工歯根を埋め込み、歯の根っこの部分からすべてを補う点が大きく異なっています。そして、歯根がしっかりしているからこそ、天然歯と変わらない安定感と噛み心地を取り戻すことができるのです。

従来、入れ歯では食べづらかった硬いお煎餅などもバリバリと食べられますし、カケラが挟まるなどの嫌な痛みに悩まされることがありません。また、入れ歯などは取り外して手入れをする必要がありますが、インプラントは普通に歯磨きをするだけで済み、天然歯と変わらない生活ができるのです。

見た目も自分の歯と変わらないくらい美しく仕上がりますし、周りの歯を削ったりすることなく治療できる点も大きなメリット。さらには、しっかりと歯根を固定するので、入れ歯を使用したときのように歯槽骨が痩せていくことも防げる、画期的な治療法です。

<インプラントの特徴>
・何でもよく噛める
・入れ歯のような違和感や不快感がない
・ブリッジのようにほかの歯を削る必要がない
・残っているほかの歯を守ることができる
・見た目が美しい

無料カウンセリングを行っています

お問い合わせはこちら