入れ歯の種類

種類 イメージ 材質 特徴(長所と短所)
チタン チタン 純チタン
or
チタン合金
・チタンは体内に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、口の中では金属味がほとんどない
・レジン床の1/3の厚さなので違和感も少なく、
熱伝導率がとても良好
・コバルトより軽く、食べ物の温度が伝わりやすい
コバルト コバルト 硬質コバルトクローム合金 ・レジン床の1/3程度の厚さなので違和感が少なく、熱伝導率も良好
ノンクラスプ
(針金がない)
ノンクラスプ プラスチック ・汚れがつきにくい
・バネがないので入れ歯とわかりにくい
・適応はお口の状態による
・傷になりにくい
・割れない
保険の入れ歯 保険の入れ歯 レジン床
コバルト合金
・基本的にはすべてプラスチックのため分厚くなり、
快適さが損なわれたり、口の中で熱が伝わりにくくなったりする
・「噛む」という入れ歯の基本的な機能については変わりない

無料カウンセリングを行っています

お問い合わせはこちら